漢字学のスゝメ

今日は読み聞かせをしているから「国語は大丈夫」の大誤解

という記事のご紹介。

私も漢字検定を受けることを大推奨しているが、その理由は

漢字の読み書きができる=日本語力がある

ということになるからである。

算数の文章題ができない、理科、社会ができない

その他の科目ができない大きな原因は日本語の理解不足にある。

漢字の理解が深まることによって語彙数は伸びる。

漢字を知らないことが言葉の理解を妨げているのだ。

漢字はそれ単体で意味があり、それを知っていることで

同じ字を使った他の言葉の意味を類推することもできるようになる。

最近はただ漢字を覚えるだけでなく、白川文字学というものを推奨し、

小学生の土曜日特別講座でもたびたび取り上げている。

元々の意味、古代文字を知ることで漢字がより深くわかるからだ。

これを知り、学ぶきっかけになったのは一本のアニメからなので

なかなかアニメというのも侮れないものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。